The Frontier of The Human & Companion Animal World

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

野生社

お電話でのお問い合わせ 03-6383-2158

東京都杉並区成田東4-21-10 

本文のエリアです。

トピックス

速報!CIPS 上海で開催 106千㎡の会場に1157企業等出展

【速報!】
チャイナインタナショナルペットショー上海で開催
106千㎡の会場に1157の企業・団体出展 入場者42千人
「日・中ペット産業フォーラム」好評

 チャイナインタナショナルペットショー(CIPS 2015)が年11月4~7日、中国・上海の国家会展示センターで開催された。
 会場面積は106,763平方㍍に、1157の企業・団体が出展した。昨年の出展数(946)に比べて22%の増加。出展の業種内訳は、63%がペット(犬猫・小動物・小鳥等)用品関連で、35%が水族用品関連、2%がその他。海外からの出展は21%を占めた。
 4日間で来場者数は42057人。来場社の大陸別内訳は、アジア48%、ヨーロッパ29%、アメリカ合衆国17%など。中国国内来場者の内訳は、華東エリア32%、華北エリア19%、華南エリア18%など。チベット地域以外は、基本的に中国全国のペットビジネスマンが来場している。
 CIPS主催者と野生社共催の「日・中ペット産業提携の可能性を探る」では、両国の製造、流通、サービス関連から各3名出席。下記の課題について意見交換した。開催時間は当初2時間の予定だったが、パネラーの活発な意見が続き、3時間に延長したが、それでも2.と3.の課題は割愛せざるを得なかった。聴講者の途中退席もほとんどなく、特に中国聴講者から「これからも意見交換の場を設けてもらいたい」との意見が多かった。

<フォーラムテーマ>
1.日・中のペット飼育環境のインフラ比較
 人材養成 店舗構造及び設備 ペット医療 等
2.日・中両国の現況と潮流
 特に成長している分野
3.企業提携障壁
 法律・検疫 など
4.提携はどの程度まで可能か。
 資本・ノウハウ・技術・物・人 他

※ 詳細はPETS REVIEW12月10日発行号に掲載

CIPS主催者と野生社共催の「日・中ペット産業提携の可能性を探る」

水草レイアウト模範実演

ページトップへ戻る