The Frontier of The Human & Companion Animal World

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

野生社

お電話でのお問い合わせ 03-6383-2158

東京都杉並区成田東4-21-10 

本文のエリアです。

トピックス

ペットフェアアジア(PFA)第20回展 大ブレーク!

  ペットフェアアジア(PFA)第20回展が8月24~27日、中国・上海の上海新国際博覧中心で開催した。主催はVNU Exhibitions Asia Ltd.(上海万耀企龍展覧有限公司、仲剛社長)。

 8ホール(16年4ホール)に分散した各展示会場に総数960社(16年800社の20%増)が出展した。会場総面積は10万平方㍍(16年7万1000㍍の41%増)。

 24,25日の業者商談日に来場したビジネスマン(会社経営幹部又は購買担当者)は3万3275人(16年2万6824人の24%増)。後半26日(土)、27日の一般公開日の入場者は9万8000人(16年6万1000人の60%増)だった。これらの数字の伸びからみて、PFAの規模の拡大の著しい傾向がうかがわれる。特に、中国ペット市場の活況を反映していることが推測される。2018年8月22~26日開催される第21回PFAは9月1日現在の出展予約率は66.34%、という。

 第1回PFAは、香港の施政権がイギリスから中国に返還された年、1997年10月2~4日の3日間、香港インターナショナルトレード&エキシビションセンターで開催された。18カ国からペット関連業者104社が出展。会期中には38カ国から参観者が訪れた。終了後の出展者に対する調査では、全体の95.2%が「参観者の質に満足」、92.9%が「ブース来訪者数に満足」と答えている。

 なお、98年に開催予定だった第2回PFAは、アジアの経済危機のため99年開催に順延。99年12月9日に第2回PFAを開催した。

 20周年の節目を祝って23日夜、上海の高級ホテル”ヒマラヤズ”でディナーパーティが開催された。

※詳報は10月10日発行号に掲載

ページトップへ戻る